レラカムイ

先日の釣行で、ニューロッドのパームスエルア レラカムイを使ってきました。

アングラーズリパブリック パームスエルア レラカムイ RKRS-76ML
f0000547_19155925.jpg

陸っぱりの遠投に加え、ボートでの取り回しを許容する7ft.6inc.ライトテキサス対応モデル。5g前後のライトリグからストレスなくキャストできるフレキシビリティを発揮しながらも、ライトテキサスによるボトムゲームでは、その高い感度がアドバンテージとなります。不意な大型魚にも安心して対応できるバットセクションとのバランスが活躍の場を広げます。
7ft.6inc. 2pc. Power:ML 5-18g Lures 6-14lb Line Rod Wt.132g
¥17,325(本体価格¥16,500)



もしかするとこのブログにも、これからライトなロックフィッシュをやろうと思ってる方が訪問してくれてるかもしれないので、私なりに簡単なインプレを…(笑)

まず、見た目で目を引くのはコルクグリップでしょう。
最近コルクグリップは少なくなってきてますね。SALT用では特に。
ここは好き嫌いが分かれるところですが、私的には使うたびに汚れていくのも味だと思ってますから気になりません。というか結構好きです。
コンビネーションの樹脂の部分も当たりが柔らかくて暖かみがあります。
f0000547_19191042.jpg


グリップはバスロッドと比較すると細いです。そして短いので片手での扱いも楽。
f0000547_19194087.jpg


波戸か地磯からの釣りでシャローが多いので、私はライトテキサスで攻めてます。
シンカー重量は1/8~1/4ozで、メインに使うのは3/16oz。
テーパーは極端なファーストテーパーではなく、レギュラーファーストな感じです。
ロッドにリグの重さを感じながら気持ちよくキャストできます。

ロッドバランスがなかなか良いので、ロッドのティップを上に向けてのテキサスリグの操作が楽。
軽くてバランスのいいエギロッドでも十分だと思いますけど、結局私は操作性を重視して短い専用ロッドを選びました。
そうそう、バスをしてた頃以来ですよ、テキサスなんてリグるのは。ターゲットは違うけど、懐かしい感じで楽しんでます。

感度に関してはビンビンの感度…ではありません。
リグの動き、そしてリグを通して、底が岩なのか砂なのか、藻にかかった...魚のアタリを取る...といった必要な情報はもちろんしっかり伝えてくれます。
裏を返せば、私の様なレベルの高くないサンデーアングラーには、感度が良すぎて余計な情報まで伝わってくるより、シンプルな情報とアタリだけを伝えてくれる方が釣果に結びつきやすい気がします...(笑)
デカいアコウは掛けてませんが、ティップが入り、ベリーがしっかり粘る印象を持ちました。

もし、同じ7.6fで、もうひとつ硬めのミディアムアクションがあれば...ですが、無いものは仕方がない(笑)

私は釣具の中ではロッドが好きです。
自分が使いたいと思ったロッドで釣りを楽しむ...釣果ももちろん大事ですが、好きなロッドで釣りをしてる時間そのものが最高のひとときとなってます。
そんな自分好みのロッドがこの価格帯にあることもかなり嬉しい。

f0000547_20444796.jpg



f0000547_20445321.jpg



f0000547_2045074.jpg

[PR]
by k2_74 | 2012-08-06 20:45 | 釣り
<< 睡蓮(7/30)vol.5 睡蓮(7/30)vol.4 >>